忍者ブログ
PDF変換フリーソフトについてご紹介致します。




最新芸能裏情報
ブログ内検索
カテゴリー
バーコード
SEO対策

検索順位チェックツールseo-R
  • seo
 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PDF変換フリーソフトについて、前回いくつかのソフトウェアをご紹介致しました。最初の2つがとても名の通った代表的なPDF変換フリーソフトなのですが、広告が入ったり、フリーソフトなだけに何かと不便な点もある訳です。

そこで、もっと便利なPDF変換フリーソフトはないかなあと思っていたのですが、発見しましたよ。提供してくれていたのは、グーグルさんでした。もう、グーグルは間違いなくヤフーを超えましたね。

本来有料の画像編集ソフトであったピカサをフリーソフトとして提供しちゃうし、やることなすこと、全てがすごいです。

そのグーグルがStarSuiteというソフトを無料で提供しているんですが、このソフト、実はPDF変換を標準装備していました。

つまり、PDF変換フリーソフトとして機能するということですね。このStarSuite、マイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイントなどとの互換性もあるため、あなたの作成したPDFにしたいものをすぐにPDF化することも可能ですよ。

StarSuiteは、ワープロ、表計算、データベース、プレゼンテーション、ドローと5つのソフトウェアが入ってます。このソフトも元々は有料のソフトなんです。しかも結構お高いソフトなんですよ。日本円にして、約1万円するソフトです。

もう、グーグルったら一体何を考えているんでしょうね。しかし、これだけ充実したソフトが無料で提供されているのですから、もらっておいた方が良いですね。天下のグーグルが提供しているソフトですから、バージョンアップもどんどんされ、常に時代のニーズにマッチしたものに改良されて続けて行くはずですよ。

それでは、お待たせ致しました。StarSuiteのダウンロード先のご紹介です。以下のバナーをクリックして、手に入れることができますよ。StarSuite以外にも、グーグルお勧めのフリーソフトを手に入れることができますので、欲しいものがあったらチェックをしてついでにダウンロードしておくと良いでしょう。

また、自分に一番使い易いソフトというのは、人によって異なりますので、他のソフトの情報収集も欠かさないようにチェックし続けるようにしましょうね。私もそういう姿勢でいたからこそ、StarSuiteを発見できましたのでね。

StarSuite
PR

PDF変換フリーソフトの概論を前回はお話したのですが、今回は
具体的なPDF変換フリーソフトをご紹介して行きたいと思います。

PDF変換フリーソフトは、探してみると案外たくさん見つかります。
日本製の物から海外製の物までたくさんあるんですが、その中で
多くの人に使われている人気のソフトは2つになると思います。

1つが、PrimoPDFと呼ばれるPDF変換フリーソフト、もう1つが
クセロPDFと呼ばれるものです。

PrimoPDFは海外製、クセロPDFは日本製です。
この2つが代表的なPDF変換フリーソフトになります。

フリーのPDF変換ソフトとして最初に出て来たことと、
クセロPDFのように変換する度に広告が出ることもないので、
若干PrimoPDFの方が優勢かもしれません。

PRIMOPDF

クセロPDF


PrimoPDFは海外製ということで、英語が苦手という方は敬遠
したくなると思いますが、操作は簡単です。

印刷ボタンを押した後に保存場所を指定するだけです。

これ以外のPDF変換フリーソフトもご紹介しておきます。

CutePDF Writer・・・海外製です。透明テキストの作成が上手くいかず、
            文字化けなどの不具合が起こります。(バージョン2.6)

PDF reDirect・・・海外製です。PDFの結合も行うことが可能です。

ライブPDFプリンタ・・・日本製です。しおり、注釈、リンク、添付ファイルを
              設定できます。操作方法に慣れるのが大変です。

PDF変換フリーソフトのことについてあれこれ情報提供してみたい
と思います。

その前に、まずPDFはご存知ですか?PDFはインターネットをする人には
耳慣れた言葉でしょう。

私もインターネットを始めるや否やPDFのことを知りました。言葉の意味も
わからずに使っていたのですが、PDFとはPortable Document Formatの
略なんです。

日本語読みは、ポータブルドキュメントフォーマットです。
こう書くと、PDFのイメージができるかもしれません。

ポータブルなドキュメントのフォーマット、つまりあらゆる所に持ち運び
のできるドキュメントのフォーマットということです。

もっと具体的に説明をするならば、異なる環境のコンピューターで元の
レイアウト通りに表示、印刷ができるドキュメントの形式ということです。

普通、ある環境で作ったドキュメントは、同じ環境のコンピューターでないと
読むことができないんですね。

例えば、ジャストシステムに一太郎というワープロソフトがありますが、一太郎
で作成したものをマイクロソフトのワードで読むことはできません。

多くの人に読んでもらうためには、異なった環境の基でもそのドキュメントを
読める必要があります。

そこで、アドビシステムズ社がPDFを開発したという訳です。

PDFは、アドビシステムズ社のAcrobatを使うことで、印刷可能なあらゆる
ドキュメントから生成できます。

また、PDFを読むためにはアドビシステムズ社が無料で配布している
Adobe Readerをインストールする必要があります。

PDFは非常に便利なんですが、HTMLファイルを閲覧するよりも時間が
かかるというのが少しネックですね。

PDFを読むのは誰でも無料なんですが、自分でPDFを作るにはAcrobatを
購入しなくてはいけません。

これが、結構なお値段なんですよね。

しかし、PDFの仕様はアドビシステムズ社が公開しているため、
アドビシステムズ社以外の様々な企業や団体等もPDF関連のソフトウェア
を開発しているんですよ。

その中にはフリーソフトとして出されているものも多数あります。 
ですから、無料PDFを作ることも可能です。

そして、それを可能にしてくれるソフトを概してPDF変換フリーソフト
呼んでいる訳です。


Copyright c PDF変換フリーソフト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]
プライバシーポリシー
PDF変換フリーソフト のトップへ